絵画モラ

カリブ海の魚モラ

カリブ海の魚モラ

鮮やかな鳥のモラ

モラは、何枚か重ねた布を上からハサミで切り抜いて、下の布を見せるのがその大きな特徴です。

しかし、中には布を器用に切って上に重ね、アップリケのようにして、まるで布で絵を描いたようなモラもあります。しかも様々なステッチで刺繍され、繊細で素晴らしいモラもたくさんあります。

サンブラス諸島に行ったとき、クナ族に尋ねました。
「これはモラですか?」
「そう、これもモラだよ」
「それじゃ、何て言うの?」
「cuadro(クワドロ)だよ」
cuadroとは、「絵」という意味です。なるほどと思いました。

これらのモラを「モリータ」とか「アップリケモラ」と呼んでいる日本や海外のモラの店がありますが、当モランズショップでは、そのままの「絵画モラ」というカテゴリにしました。

日本では、まだまだこのモラは知られていませんが、「絵画モラ」もクナ族の刺繍技術と創造力の高さがよくわかる手縫いの芸術です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。